ヘルペス感染を予防|体内のヘルペスウイルスを完璧に殺菌!バルトレックスの購入方法

体内のヘルペスウイルスを完璧に殺菌!バルトレックスの購入方法

宙に浮かぶカプセル

ヘルペス感染を予防

性行為によってヘルペスに感染する場合、その原因は主に単純ヘルペスウイルス2型(HSV-2)と呼ばれるものです。
ペニス、もしくは膣内にできた患部へ接触した際に感染してしまうのです。
また、ヘルペスの原因には単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)というのもあります。
こちらは主に口唇ヘルペスの原因とされていましたが、このHSV-1を原因とした性器ヘルペスも増えています。
それが、冒頭でも紹介したようなオーラルセックスによる感染です。
元々口唇ヘルペスを持っていた患者とオーラルセックスをすることにより、口から性器へ感染してしまうケースです。
最近の若者は初めての性経験が早いほか、プレイ内容も多様化しています。
さらに言えば、複数の異性と関係を持つ人もおり、こうした原因がヘルペス患者の数を増やしていると考えられます。
ヘルペスやその他の性感染症は、治療薬を使って治療することもできますが、まずはそもそも感染しないことを第一に考えるべきでしょう。
今一度、自身の性行為に対する考えやおこないを振り返り、極力性感染症にかからないような行動をしていきましょう。

また、ヘルペス感染を防ぐ方法として、コンドームの着用もかなり有効です。
性器ヘルペスの場合、性器の粘膜同士が接触することで感染していくため、コンドームでその接触を防いでしまえばいいのです。
コンドームは避妊具として有名ですが、性感染症予防にも大いに役立つアイテムですので必ず着用するようにしてください。
ただし、いくら優秀なコンドームとはいえ、使用途中に破損してしまったり、外れてしまうこともあります。
また、オーラルセックスやアナルセックスではコンドームを着用しないことも多いので、常に意識はしておくようにしてください。